口コミ

ポーセラーツ教室は儲からない!やればやるほど赤字!これが現実

主婦が主宰するハンドメイド教室は、相変わらずやりたい人が多いようです。

 

自宅でできるし、子供を観ながらできるしと言う風に始めたところ、とてつもなく大変だった話をしていこうと思います。

ポーセラーツ教室は儲からない!これが現実・・

憧れのサロネーゼになって、生徒さんからは先生と呼ばれてキラキラできることと引き換えに、膨大な労力とお金と時間を使ってきました。

 

表向きは、「ハンドメイドの楽しさを伝えたい♪」、「好きなことを仕事に♪」とSNSで発信していました。

 

しかし、振り返ってみれば、本当は、『キラキラしたい』、『ちやほやされたい』、『認められたい』そんなしょうもない承認欲求を満たすために教室をやっていたようにも思えます。

 

 

キラキラするために、何万円もするワンピースを無理して買ったり

 

インスタ映えするレストランで、ポーセ仲間と1回1万円のランチをしてるところをSNSにアップしてキラキラアピールしたり。

 

ポーセ仲間の誕生日には、ランチにプラスしてプレゼントを贈り合ったり

 

生徒さんの誕生日には、ケーキとプレゼントでお祝いして。

 

 

レッスンスイーツも、その辺のお菓子じゃ生徒さんに喜んでもらえないから、いかにかわいいスイーツを選ぶか、毎レッスンのたびに頭を悩ませて・・・。

 

純粋にポーセラーツを楽しむことよりも、自宅サロンの豪華さや、レッスンスイーツの凄さとか、先生の可愛さを求められるので、日に日に疲弊していきました。

 

転写紙も、たくさんの転写紙を用意していても、手持ちの転写紙以外の柄が欲しいと言われたら、取り寄せることになります。

 

そのたびに、送料がかかります。

 

気が利く生徒さんなら、趣味で集めた転写紙を持参してレッスンで使ってくれるので、取り寄せなくても大丈夫なのですが、多くの生徒さんはそうではなく、先生がなんでも用意できると思っています。

 



そして、生徒さんの中には、取り寄せをお願いしておいて、そのまま来なくなったり、「やっぱり使わない」などと言う人もいます。

 

そうすると、教室の在庫になってしまいます。

 

もちろん、先払いにしなかった私にも責任がありますが、生徒さんを信用してのことなのに、何度も裏切られました。

 

こんな先生多いのではないかなと思います。

 

一番つらいのは、資格取得コースを途中で辞められることです。

 

残りの教材費は、もらっていないので、取り寄せておいた教材が在庫になってしまいます。

 

教材費を一括で貰えればいいですが、30万円を一括で支払える人は、本当に少ないです。

 

こんな感じで、在庫がどんどん溜まっていって、自宅が食器の在庫だらけになり、宣伝のために新作の作品を毎月のように作るから、使わない食器が山のように溜まっていきます。

 

そして、作品を取りにこない生徒さんの作品にも、かなりのスペースがいります。

 

本来なら、次のレッスンの日に持って帰ってもらうなど、すれば良いのですが、そうすると、作品がどんどん溜まってしまうため、いつでも取りに来てもらえるようにしていました。

 



 

すると、平日仕事の帰りに取りに来たり、休日の昼間に取りに来たりと、レッスン以外の時間も生徒さんが来て、自宅なので、夕飯を作っていたりするときに来るので、プライベートも仕事もごちゃごちゃです。

 

生徒さんと過ごすひとときは本当に楽しいものですが、教室を運営するためにやることが多くて、肉体労働のようにも思えてきてしまったんです。

 

ポーセラーツ教室の大まかな仕事内容は以下のとおりです。

 

・宣伝する

・材料を揃える

・新作を作る

・写真を取る(綺麗な写真じゃないとだめ)

・SNSにアップ(ほぼ毎日。ブログもインスタもやらないとだめな風潮)

・レッスン準備(掃除。人が来るから適当じゃダメで2時間かかる)

・レッスンスイーツ買い出し(ケーキは当日しか買えないから、朝ケーキ屋の開店と同時に駆け込む)

・レッスンをする

・レッスンスイーツを出す(お茶とスイーツを生徒さんに召し上がっていただく)

・後片付け

・確定申告など事務作業

・作品を焼く(1個だけ焼くわけにいかないから何個か必要)

・作品を渡す

 

レッスンするだけなら良いですが、実際は、他にやることがものすごく多いです。

 

レッスンの時は、生徒さんとお話できるけど、他は全て自分1人で孤独になりながら準備します。

 

ポーセラーツ教室はやればやるほど赤字!

仕事にかかる時間にしたら一日何時間かかるか計算したことないですが、レッスンしていない時間も時給換算したら、どうでしょう・・・時給100円とか?

 

本当に大変な仕事です。

 

果たして仕事と呼べるのか。。。

 

ものすごい大変なボランティアって感じもします。

 

しっかり利益を出してそうな先生でさえ、「稼ぎたかったら教室はやってない」と言っているぐらいですから、稼げる仕事ではないです。

 

子供がいて、長くポーセラーツ教室を続けている先生がいないのも何となく納得できます・・。

 

 

子育ての大変さと、教室の大変さで、一気に老け込んでしまいましたよ・・。

 

とは言え、私の教室も月100名以上の生徒さんがきてくれた実績があります。

 



 

実際に、月50〜100名ぐらいこないと会社員の収入と比較したら足りないです。。

 

月数人だったら、売り上げ2〜3万円になりますが、それだったら仕入れ代の方が高くついてしまいます。

 

月2〜3万稼げれば良いと思っている主婦の人は多いかもしれませんが、ハンドメイド教室だと、材料費がかかるので、むしろマイナスです。

 

その月数人の生徒さんを集めるために、毎日SNSをやるのも大変すぎます。

 

集客は、教室を続けている限り永遠に続きます。

 

それでも、今まで味わったことのない、好きなことで楽しい時間を生徒さんと共有できたことは、私の中では幸せな時間でした。

 

生徒さんの笑顔を見れるのも、本当に嬉しかったです。

 

現在では、私の教室は、準備が大変なレッスンスイーツは辞めて、ポーセラーツを純粋に楽しみたい生徒さんにだけ来てもらうようにしています。

 

無理なことはしなくて良いと思いますし、それでも良いって人だけが来てくれればそれでOKだと思ってます。

 

本当にキラキラするって大変だな〜。。。

 

シンデレラのように、魔法はとけてしまい、一気に目が覚めた感じです。

 

まとめ

ポーセラーツ教室でキラキラするためには、途方もない時間とお金と労力が必要です。

 

本業があるか、旦那さんの稼ぎが良くないと、なかなか続けられるもんじゃないです。

 

今回は私が思ったことを綴っただけなので、そうじゃない先生ももちろんいらっしゃると思います。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。