口コミ

JTBツアーでシェラトンワイキキに泊まって良かった10の理由

立地も、施設も素晴らしいシェラトンですが、

 

更に、JTBのツアーで宿泊すると、子連れに嬉しいサービスがたくさんあります。

 

Alohaママ
Alohaママ
子連れに嬉しいサービス教えて!

 

Mahaloママ
Mahaloママ
大手の旅行会社だからできるサービスがたくさんだよ!

JTBのラウンジがある(日本語スタッフがいる)

シェラトンの23階には、「ルックJTB ルアナラウンジ」という、JTBのツアー客の特典として、無料で利用できるラウンジがあります。

 

・23階で、オーシャンビューの景色

・朝、昼、夜に軽食と飲み物がいただけます

・チェックイン前、チェックイン後のためにシャワールームとロッカーがあります

・日本語コンシェルジュがいます(フレンドリー)

記念撮影にはもってこいの景色で、日本語コンシェルジュが気さくに写真を撮ってくれました!

 

ハワイならではのフレンドリーな感じの方だったので、話しやすかったです。

 

「ちょっと小腹が空いたな~」、「外食に行く体力がない」なんてときには、ラウンジで軽食をいただくのもありです。

 

軽食の内容は、時期にもよるみたいですが、Mahaloママが行ったときは、焼きそば、フランクフルト、カップラーメン、マンゴーュースがありました!

 

遅く行ったときは、カップラーメンしか残ってなかったので、早い者勝ちみたいです(笑)

 

夜にはビールも飲めます。

チェックイン前に、早めにホテルに着いてしまったのですが、手荷物がけっこう重かったので、チェックインまでに預かってもらえばよかったな~と思いました。

 

ラウンジの利用には、オリオリカードを見せましょう!

 

※ラウンジのリニューアル工事に伴い、場所が23階から変わる時期があります。

【予定工事期間】2020年2月~5月(2019年10月の情報です)

レンタル・ビーチグッズ

子供用のビーチグッズを借りることもできます。ただ、数に限りがあるのと、貸し出ししてくれる場所がMahaloママにはわかりにくくて、なかなか見つからなかったです。。。!

日本から持って行ったほうが無難なようです!

JTBの相談ディスクがある

ホテルの入り口近くに、JTBの相談ディスクがあるので、わからないことがあればすぐに聞きにいくことができます。Mahaloママは、滞在中何度も質問しに行きました!

 

トロリーの乗り場を聞きに行ったり、トロリーのルートが載っているパンフレットをもらいに行きました。

 

最初、「子供が小さいからワイキキビーチだけに居ようかな~」と思って、トロリーには乗らないだろうと思っていたんです。

 

でも、実際ワイキキに着いてみたら、色々行ってみたいと思うようになったんです!

 

ワイキキって思ったより狭いので、子連れでもトロリーに乗って一周しても1時間ぐらいで回れるような感じだったんです。

 

急な予定変更でも、聞ける相手がいると心強いですよー!

 



客室からの国内および国際通話(無制限)

国際通話って、普通に利用したらすっごく高いですよね。シェラトンでは国内および国際通話が無料なんです!

 

Mahaloママは使うことはありませんでしたが、もし何かトラブルがあって、「日本に電話かけたい!」ってなったときに、無料だと安心して国際電話をかけられます。

 

JTBのトロリー乗り場がホテルの地下1階にある

アラモアナ方面へのトロリー乗り場はホテルの地下1階にあるので、お出かけするときは地下1階でトロリーを待っていればOK。

 

オアフ島全域で使えるポケットWi-Fi

JTBでシェラトンに泊まると、無料でポケットWi-Fiを借りることかできます。

 

Mahaloママは実際に借りたのですが、チェックインしてからでないと借りれないので、ホテルにチェックインする前はWi-Fiが無い状態で不便でした(笑)

 

しかも、ホテルのポケットWi-Fiは数に限りがあるので、もしかしたら借りれないリスクもあります。

 

心配な方は、日本から借りていくことも検討してみてください!

 



ベビーバギーの貸し出し(無料)

ベビーバギーは、アラモアナのオリオリステーションで借りることができます。日本から予約していく必要があります。

 

スーツケースとバギーを両方持って1人で飛行機に搭乗することはできないので、日本ではお子さんは歩かせて、ハワイ滞在中だけバギーに乗せて移動することもできます。

 

トロリー乗り放題(無料)

「子供ちいさいから、トロリー乗ってどこか行くことないかな?」と日本では思っていましたが、ハワイに着くと、活動的になって、「色々行ってみたい!」と気が変わったんですよね。

 

ずっとビーチだけ眺めるのもありですが、せっかくだからトロリーに乗って出かけてみるのもおすすめです。

 

何回乗っても無料なので、使わない手はないです。

 

渡航前に子供が病気なったときのサポートがある

子連れ旅行で心配なことは、、「旅行の前に子供が病気になったらどうしよう?」ですよね!

 

キャンセル料についてもよく調べて、サポートがある方が良いと思いました。

 

JTBのツアーでは、以下のサポートがあります。

 

・遅延お見舞金がもらえる(1人1万円)

・取り消し料免除サポートがある(出発の14日前まで)

・出発間近の取り消しにもサポートがある(出発日の3日前以降)

 

万が一、飛行機が遅延した場合、1人1万円をJTBから用意してもらえます。子供と2人分だったら2万円。

 

個人手配で行った場合、自己責任ですから、JTB優しいですね!

 

更に、14日前までは取り消し料が無料です。

 

出発間近の取り消しは、やむおえない事情の場合のみ最大10万円までサポートしてもらえます。

 



旅行代金が2歳以上12歳未満まで半額!!

JTBのツアーでは、「ファミリーにうれしい!」コースがあります。

 

コース名は多少時期によって変わるかもしれませんが、内容は同一で、家族向けのコースが用意されています。

 

JTBツアーのハワイの家族向けコースでは、2歳以上12歳未満までは大人の旅行代金の半額です!

 

つまり、大人の旅行代金が30万だったら、子供は15万です。

 

H.I.Sのハワイツアーでは、子供は大人と同じ料金なので、断然お得です。